岳人あびこ ご入会案内山 行 計 画山 行 報 告研   修高 山 植 物市 民 山 行工 事 中
 岳人あびこのホームページへようこそ、研修のページです

 10月 北アルプス・槍の端を登る十三夜

 2017.07.11 更新


 平成29年 7月 5日〔水〕 20:00~21:45 於我孫子アビスタ第一会議室

 ↓ ツェルトの状況に応じた張り方

      講師:外崎  蓮 殿 
 
 ツェルトは避難時対応のグッズとして非常に効果的であり、当会の皆さんも殆どの皆さんが個人的にツェルトは用意され、山行時に持参
されています。勿論、出番のないことが最も望ましいのですが、今回の研修では、簡易テントとしても実は非常に有意に使用できるグッズ
であることを勉強することが出来ました。注意すべきこととしていずれの使い方をしても「結露」対策が必要ですのでツェルトの中で傘を
差したり、最も結露の最大の原因である、水分を吐き出す呼吸はツェルトの外に帽子を被って顔を出して息をすることによっていくらかで
も防いだり、酷い場合はヤッケを着る場合もあります。
 第一の目的は、強風を避ける、豪雨、吹雪を凌ぐ、これらに絞られますので結露程度の濡れは本来我慢する範疇と云えます。それでも
簡易内張として手ぬぐいを頭から背中にかぶって凌いだこともあり、これは濡れれば絞れば済みますのでかなり効果的でした。
 今回のテーマは、非常用だけでなく、簡易テントとして快適に使う方法もありますよ!と云う主旨です。昔のツェルトは被るだけでした
が、最近の新しいツェルトは出入り口用のチャックまで設けられ、更に居住空間を広く確保するために屋根部をロープで確保したり、壁の
部分をロープで外側へ引っ張り、かなり快適空間を確保できるようになっています。ツェルトの快適簡易テントとしての実際を外崎講師か
ら指導戴きました。

1.ツェルトの張り方・使い方                  20177/5集会時)

   軽量化された簡易的なテントのこと。テントとの大きな違いは、設営用のポールが付属しないので、トレッキングポールやロープを
  利用して設営する。また地面に接地する面(底)が密閉されていない。道迷いやケガをしてビバークをしなければならなくなった場合
  、ツェルトの有無や張り方・使い方を知っているかどうかで生死に関わることもあり得る。非常時に備え、各自が所有するのが理想。
  またすぐ張れるように練習しておくことも大切である。

     用途としては  

   ・遭難や緊急時のビバークに使用
   ・軽量なので、始めから予定して使用する場合(登攀、山スキー、トレイルランニング、縦走など)
   ・雨や風、寒さよけとしてポンチョのようにくるまる
   ・傷病者をくるんだり、簡易担架として使用
   ・休憩場所や着替えの場所として
   ・ザックや荷物のデポ用として
   ・トイレの目隠しに  

    ツェルトの張り方

予め、ツェルトのベンチレーターの上部のループ(輪っか)と、ツェルトの四隅のループに張り綱をセットしておく。こうすることで、ペグ以外にも木の枝や石、ピッケル、スコップ等がアンカーとして使える。

   1.基本的な張り方(ペグ・トレッキングポール使用)

    ①ツェルトを地面に広げて四隅にペグを打つ。
    ②ベンチレーターの上部の細引き(張り綱)2本を、立てたトレッキングポールの上部に、それぞれ反対側に2巻き、巻きつける。
    ③巻きつけた2本の細引きを地面にペグで固定する。このとき、細引きはトレッキングポールから約45度の角度で引っ張ると安定
    する。

    ④もう一方のポールも同様に固定する。
    ⑤ツェルトの底の中央部のループから細引きを真横に出して固定する。反対側も固定することで、室内が広がる。(ループがつい
     ている場合)

   2.木に吊るす張り方

    ①ツェルトを地面に広げて四隅にペグを打つ。
    2本の木に、ベンチレーターの上部に取り付けた細引きをそれぞれ巻きつける。
    ③中央部のループに取り付けた細引きを地面に固定する。

  3.ロープに吊るす張り方 A

    2本の立木の間に、地面から11.5m位の高さでロープを渡しておく。
    ②ロープの下にツェルトを広げ、四隅を固定しておく。
    ③短めのスリングをロープに3回巻きつけて(ブルージック)、カラビナをかける。
    ④ツェルトのベンチレーター上部のループに同じカラビナを通して吊る。片方も同様に吊る。
    ⑤ロープ上のスリングを動かし、ツェルトをピンと張る。

  
ロープに吊るす張り方 B

片方のベンチレーターからツェルト内に長いロープを通し、もう一方のベンチレーターからロープを引き出して、それぞれ立ち木に
結びつける方法。

  4.その他の使用法

ポンチョのようにツェルトを被るだけ。ツェルトを張れない状態のときは、被って凌ぐ。

   一工夫して快適にツェルト内の結露に対して

    吐く息や煮炊き等(ガスを使用する場合)でツェルト内に結露が生じ易くツェルトが体に密着すると衣類が濡れ体温が奪われる。

 対策として

・ツェルト内で傘を広げる、ツェルトと体の間にザック等を置く、外側からツェルトを引っ張る。
   ・ペグや石などがない場合、ツェルト内部の四隅に水の入った2ℓのペットボトルを置いて居住空間を作る。
   ・ループのない布地からアンカーをとる方法  (てるてる坊主の首を作るやり方):
ツェルトの内側に、小石、硬貨など丸い
    ものを包み、それを外側から細引きでぐるぐる巻きにして、細引きを引っ張り、地面に固定する。両側を固定することで室内に
    空間ができる。

  地面からの冷え対策

  ・手持ちの荷物、ザック、木の枝などを集めて床に敷く。火があると暖をとれるが、ツェルト内では慎重にとり扱う。ローソクの火は
   心も温まる(ローソクの火はツェルト内気温を冬でも零度近くまで保つ出来る場合がある)。

2.登山道具が壊れたとき

   テレビ「編集長の山塾」で紹介された事例をスクリーンでご覧いただきます。
    登山靴
    テント
    雨具
    ザック


△私もツェルトは毎回持参するんですが・・・、使ったことないんですね・・・。でも緊急用だけでなくテント代わりに色々な使い方があるので是非、活用してみて下さい。


                             △ポール〔ストック〕をロープで固定します             △ペグ代わりが必要です確りした木に括り付けても良いですね


△皺が寄っているとバランスが悪く不安定です         △確りと安定した張り方です                      △緊急時は顔だけ出してベンチレーター?で息をします


△ツェルトを吊すロープ                       △設置する上でのポイントを指示





 平成28年10月 5日〔水〕 20:00~21:50 於アビスタ第一会議室
 ↓ 日 本 の 高 山 植 物 その 2

      講師:高橋 重 氏


△イワナシ〔北ア、燕岳中腹〕                   △タテヤマリンドウ〔東北、飯豊連峰・大西岳〕          △イイデリンドウ〔東北、飯豊連峰・大西岳〕

 
花の名前を識ることと同種の花の違いを見いだすことは趣味の世界と専門分野の違いほどの差を感じてしまいます。私達の仲間にはそうした“花
博士”と呼ばれる方が数名おいでになるのは誇りです。
 いつものように高橋重講師は、そこをとても具体的に判りやすく教えて下さいました。上の写真のハルリンドウの仲間のタテヤマリンドウの地域
亜種がイイデリンドウ、こうしてじっくりと写真を見るとその違いがはっきりと理解できます。細やかな違いは難しいとしても花弁の枚数、葉の形状
など、判りやすいポイントを何枚かの写真に分けて撮影、その場では無理であっても帰宅して図鑑等で調べると答えが見つかるかもしれません。
 最新の分類法は、遺伝子による分類が進められているとお聞きし、当然といえば当然ですが高山植物のジャンルにも遂に遺伝子が!それでも
従来用いられてきた分類と併用することによってより正確な分類が可能なのかな?是非、次回にチャンスがあればそんなお話も聞かせて戴きたいと
思いました。
 いつも、シャジンなのかツリガネニンジンなのか?悩むことが多いのですが・・・ツリガネニンジンの高山種がシャジンと説明を受け、ホッとしました。
 それにしても細かな観察力〔知識?〕が必要、山渓や昭文社のコースタイムに一喜一憂?しながら歩く私達には難しいことでもあります。
 超特急で歩いているとひっそりと可憐に咲く山野草はなかなか目につきにくく、写真を撮る暇もありませんが、ゆっくりとした山行では、多くの山野
草を発見、じっくりと観賞することが出来、充実した山行を愉しむことが可能なのはいうまでもありません。山に応じて硬軟両刀遣いが出来ると佳いと
いうことになりますでしょうか。
 高橋重講師は花を愉しむ10箇条を挙げて下さいましたが、その通りです。“序でに”花も愉しむのが私達の登山スタイルですが、“花”に重点を
置いた山行スタイル、或いは予め“花”に的を絞った山行スタイルがあっても佳いですね。最近の山行は徐々にそうした計画が目につくようになって
来ました。
 大雪山の山々に超特急で登っても?最低限の宿に到達する時間等は確り確保しなくてはなりませんが、見渡す限りのお花畠の中ではゆっくり花を
観賞しながら歩くことが大切で、百名山も忘れちゃいましょう。他にそんな山っていうと・・・?
 そんな魅力的な“花の山”がどこにあるのか、いつ頃、登れば求める花が見られるか、花の勉強に、山にと、山行計画が益々忙しくなってきそう
です!歳取ってる暇がない!
 前回の講習で、高橋重講師が紹介、なかなか目にする機会の少ない名花「トガクシショウマ」について、飯縄山、黒姫山に登った折に戸隠中社の
宿坊・横倉に泊まり、ご主人に「トガクシショウマ」の自生地と季節をお訊きしましたら、教えるのは草の根に隠れていたり非常に難しいのですが、
私の家の庭にも咲いていますよ、とボソッと教えて呉れました。時期的には水芭蕉とほぼ同じなので時期になったら電話で確認して下さい、と仰って
いました。
 

 平成28年 9月 7日〔水〕 20:00~21:50 於アビスタ第一会議室
 ↓ 日 本 の 高 山 植 物 その 1
      講師:高橋 重 氏



 高山植物って?厳密な定義ではありませんが誰もが納得できる定義があったんですね。狭義には樹林限界より高い高山帯〔高山に匹敵する
気象条件、生育条件の地域〕に咲く植物を指し、広義には亜高山帯以上に咲く低草本木の総称です。標高の目安は北、中央、南アルプスや八ヶ
岳では標高約2,500mに生育するハイマツがその目安になります。標高で南北中央アルプスよりも800~1,200mも低い、信越地方、上越
国境地帯、東北地方、北海道の山々等にも素晴らしいお花畠に一面の高山植物が咲くことは良くご存知のところです。降雪量、気象条件、緯度
、土壌条件等が大きく関わっているんですね。例えば北海道の礼文島も高山植物の自生地としてよく知られていますが、標高は200~300mと
高山ではありませんが森林限界を超え、気象条件や生育する土壌の種類〔苔、石灰岩、蛇紋岩地〕等々の生育条件の厳しさは高山と同じです。
 富士山は標高が高いにも関わらず高山植物が少ないのは何故?疑問の湧くところですね。氷河時代に生息していた草花が氷河時代の終焉と
共に氷河時代の気象条件が残された高山或いはそのような気象条件の地域にのみに生き残り、逆にそうした厳しい環境に耐えられない植物は
それぞれの生育に適した標高や緯度を選んで移動〔種子が風や鳥などによって運ばれる、その生育条件に進化する等〕だと考えられます。氷河
時代が終わってから火山爆発で誕生した富士山には高山植物が少ないことも納得出来ます。
 一般的には高山植物の埴生範囲は狭く、一定の標高差の範囲にしか生育できないのですが、生息範囲の標高差が広く、低山帯から高山帯に
まで幅広く生育している高山植物も見受けられます。又、環境の変化に対応できずに絶滅危惧種に指定された高山植物も数多いのも事実です。
温暖化による気象変化、人為的な盗掘、生育地の荒廃〔かつての尾瀬・アヤメ平等〕、鹿や猿、熊等の食害によって絶滅しそうな高山植物は多く
、代表的な例としては、ニッコウキスゲなどもシカの食害によって、かつては尾瀬の大江湿原を一面、真っ黄色に染め上げた大群落は尾瀬の顔
のひとつでしたが、今日では殆ど見ることが出来なくなりました。
 よく似た高山植物であっても葉が微妙に違っていたり、花びらの枚数が違ったり、生育する地域ごとに進化が異なり別種になる過程などを丁寧
に説明して下さいました。シラネアオイのように日本固有種の存在も高山植物の魅力を更に高めてくれます。
 次回も高橋重講師〔岳人あびこOB〕にお願いしていますのでご期待下さい。判り易く詳しい講演に時間を忘れて聞き入ってしまいます。
 高山植物ではありませんが、杉、檜、椹、翌檜の違い、見分け方なども写真でポイントを示しながら詳しく解説して下さいました。
 有難うございました。

 




 

   

   

   




 平成28年 8月 3日〔火〕 アヴィスタ第一会議室 20:00~20:50
 ↓ファーストエイドキットと事故対応
     講師:高橋 芳恵

  私達は、山行の都度、会の装備品から「救急用具」ファーストエイドキットの借用申請をして準備したり、或いはその山行に相応しい「救急用具」を個人的
に準備して山行に備えています。内容は山行部の担当者と装備担当者が吟味して用意し、期限の切れた医薬品等は漸次更新して支障ないように準
備しています。
  最近は、新しい医薬品やテープ類が多く出回り、個人的に救急袋をセットする皆さんの増加に伴い、救急袋のセットのポイントについて医薬品類の
知識が豊富で、実戦経験の豊富な高橋芳講師に要点を纏めて戴きました。三角巾講習の成果は実際の山行中の事故に於いて素早く対応出来た
など、目に見える成果がありました。この研修を通じて、今までに見落としていた点、気がつかなった点、新しい知識の吸収等大変に参考になりました
。有難うございました。
  
 
      

 *私の救急袋の中身

 1.袋は、丈夫なものが使われていますが、丈夫な袋だとついつい中身のチェックが疎かになるので、数ヶ月でぼろぼろになるような袋を使い、
   否応なしに数ヶ月単位で中身のチェックと入れ替えを行うようにしています。特に医薬品類は「有効期限」の厳守が必要です。

 2.日焼け止め、虫刺され、消毒液〔水で代用可〕、筋肉痛〔ボルタレン、漢方68番芍薬甘草湯〕、ホッカロン、湿布薬、包帯テープ類、キネシオテ
   ープ、固定テープ、持病薬、セデス、バッファリン等の痛み止め、解熱剤、リップクリーム、小鋏等、山行内容に応じて調整しています。

 *出血を伴う怪我  

  1.まず止血です。
  2.止血には間接圧迫法と直接圧迫法がありますが、直接圧迫法が効果的です。
  3.傷口に清潔なガーゼかタオルを置き、5分間タオルの上から圧迫します。〔骨折の場合は不可〕
  4.傷口を水で洗います。このとき、傷口に直接消毒液は用いません。消毒薬は傷の周辺のみ。

  
  △効果的で使いやすい消毒液も多く出回っています                                  △ガーゼ、包帯代わりに使うことの出来るテープ

  


 

 *骨折について
 
 
1.必ず添え木〔副子〕で固定する
   添え木は新聞紙、折りたたみ笠、雑誌、ストックなど何でも利用できます。固定には三角巾〔次項にて説明〕、テープを使用する。
 2.会の医療品の中には「
ギブス君」があります。これは骨折箇所に通して空気を入れて膨らませ、固定するという簡単で便利なキットです。
   
但し、固定箇所が限定的で、開放骨折〔外傷のある骨折〕には使用できないので要注意!

  
   幅広テープ                                 △ギブス君                                    △テーピング

 *捻挫について

 1.捻挫の予防や固定にはテーピングが効果的、キネシオ〔ラテン語で筋肉の意〕テープ、リトニートテープ等があります。岳人あびこにはテーピング
   の専門家がいますので詳しくはお尋ね下さい。テーピングテープは靴底が剥がれたときの応急処置に効果的〔2~3時間保ちます〕です。
 2.靴の上から三角巾で固定する方法もあります。
 3.ストックで松葉杖を作る方法も覚えておきましょう〔テープがあると便利、効果的〕!

 *登山中の足攣りについて

 ・原因として考えられること

  1.運動による水分やエネルギー不足
  2.身体の冷えによる筋肉の拘縮
  3.加齢・・・による筋力の衰え、歩行速度が速い!

 ・即効薬として「漢方68番芍薬甘草湯」が識られています。但し、多用していると効果が低下すると云われています。
 ・経験値としてホッカロンで暖めて改善できた事例も多く報告されています。
   
 *健康保険証の携行と医薬品の使用説明書

   保険証の必要性は良くお判りと思いますが、基本的に健康保険証がない場合は全額自己負担を請求されるケースが殆どです。嵩張るものでは
   ありませんので意識的に常時携行を心懸けて下さい。
   又、医薬品類は使用法が変わってきているケースも多く、使用前に必ず使用法をご一読下さい。

 *三角巾の応用と使い方

  昨年も大好評でした三角巾講習会は,応用範囲も広く、今年もファーストエイドキット講習と併せて大好評でした
  写真は、昨年のものを流用させて戴きました

  


  


 
  *三角巾の幅広〔1/4〕包帯としての使い方

    a 新聞紙を副木にした腕の骨折と固定法
    b 膝の固定法

  * 三角巾の幅狭〔1/8~1/16〕利用法

    a 足首ねんざの靴の上からの固定法

  * 「ギブス君」の使い方と注意点

 


 






 平成28年度〔H28.3~H29.2〕教育研修計画
 目的:安全登山を追求し、山登りを楽しむ

 1.机上研修

 実 施 日   行      事 対 象  者     研    修    内    容   講   師
 3月13日  総会・定例集会    新人  新人の自己紹介、オリエンテーション   全  員 
  4月 6日   定例集会    会員  雷を知る    矢  澤
  5月11日    定例集会    会員 電子国土基本図〔地図情報〕の紹介   室  崎 
  6月 1日    定例集会   会員  山登りのための体力作り    大  山
  7月 6日    定例集会    会員 登山のための最新装備と服装   メーカー・店 
  8月 3日    定例集会   会員 必要な救急用品と使用の実際   高橋芳
  9月 7日   定例集会     会員 花を知る〔1〕    外部講師
10月 5日   定例集会     会員 花を知る〔2〕    外部講師
11月 2日    定例集会    会員 登山事故から学ぶ〔1〕    北  田
12月 7日     定例集会    会員 登山事故から学ぶ〔2〕    外  崎 
 1月11日     定例集会    会員 山の天気    未  定
  2月 1日    定例集会    会員 一年を振り返って グループ討議 
       5  


 2.実技研修・・・地形図を想定して歩く、講師は山行ルートの地形の特色を説明し、山行中の現在
   位置を随時確認する

実 施 月   山          名  対象者   研    修    内    容      講  師  
  4 月 難台山~吾国山〔新人歓迎〕  会員  仲間の一員として歓迎   全  員
  5 月 西丹沢・菰釣山  会員  春の花を愉しむ    田  村
  6 月 小川山   会員 テント泊を愉しむ    武  内
  7 月 朝日連峰    会員 山の疲れない歩き方    矢  沢
  8 月 越後駒ヶ岳・中ノ岳   会員  小屋泊まりを愉しむ    北  川
  9 月 森吉山    会員 東北の秋を愉しむ    外  崎
 10 月 飯綱山・黒姫山    会員 信仰の山を知る    高橋芳
 11 月 宮之浦岳    会員  世界遺産を知る    矢  沢
 12 月 茂木山〔X'mas山行〕  会員  冬山を知る    村  松
  1 月 大野山    会員 冬の低山を愉しむ    室  崎
  2 月 鎌倉アルプス    会員 歴史を尋ねて山を歩く    齊  田
  3 月 新人卒業山行    会員 新人による山行計画と山行の実施    新  人